翡翠の違いを知る

人気の翡翠とは

人気の翡翠とは

人気の翡翠とは 翡翠は東洋を中心に昔から珍重され、日本では縄文時代から利用されています。
5月の誕生石であり、護符や魔よけに使われた記録もあります。
神秘的な魅力を持つ翡翠には様々な特徴がありますが、潤いと深みのある美しいグリーンの輝きは世界中で愛されています。
翡翠の最大の産地はミャンマーで、主要な輸出品となって国の経済を支えています。
品質は最高級の評価を受け、世界中の企業と取引があります。
ミャンマー以外では量は少ないもののアメリカや日本でも採掘されています。
日本では縄文時代の遺跡から翡翠を加工したものが発見されたため、日本の宝石の原点とも呼ばれます。
日本の産地としては糸魚川が有名です。
貴重な宝石として宝石買取店でも高価買取が行われています。
日本では店によって評価が異なるので、売りたい場合は複数の店で査定して貰う人が多いです。
カラーによっては高額で取引されます。
透明度や色合いなどで評価が決まりますが、新緑カラーが濃いと評価も高くなります。

東洋で人気の翡翠を買取に出してみよう

東洋で人気の翡翠を買取に出してみよう 日本をはじめとして中国やマヤなど東洋では、昔から生命力が宿っている宝石として人気があるのが翡翠です。天然の物でもあるのに美しい緑色をした宝石であり、美観的な点でも人気があるのですが、健康や長寿のお守りであったり、人徳を高めることができるとされていることから商売を行う人達にも重宝されてきました。
翡翠は、宝飾品や置物などさまざまな物に加工されていますが、そうなるとその時代に使われていたものやデザインの流行によっても使わなくなってしまうことがあるものです。翡翠はせっかくの良い物でもあるので、自分では使わないというのであれば買取に出して現金を手に入れ、そのお金でまた新しい翡翠のアイテムを手に入れることもできます。
金やプラチナとなると、純度と重さによって明確な相場表が提示されているので、初めての人でも安心して取引ができますが、宝石となると鑑定してもらう必要があります。査定は無料で受けることができるので、複数の店舗を利用してみて比較することは欠かせなくもなってきます。