翡翠の違いを知る

最新の翡翠情報まとめ

このサイトでは工芸品などでよく見かける翡翠の真贋や魅力、カルセドニー、サーペンティンとの違い、産地による買取価格などについて紹介しています。
本物かどうか見分け方をマスターすることは、高値で売却する上で非常に重要です。
特に軟玉には人工的に作られた石も大量に存在します。
正しく査定するためには、確かな鑑識眼が必要とされます。
アクセサリーを売却する場合には、事前に宝石に関する様々な知識を学ぶことが重要です。

工芸品でよく見る翡翠、本物の見分け方は?

工芸品でよく見る翡翠、本物の見分け方は? 工芸品の素材として利用される翡翠を買取査定に出す場合には、本物かどうかの見分け方など様々な知識を事前に学んでおくと効率的です。
翡翠には硬玉と軟玉があり、一般的なアクセサリーでは硬玉が使用されます。
買取査定では色合いやテリの他に、傷などの状態や人工か天然かの違いが重要となります。
もちろん天然の翡翠の方が買取額は高額です。
専門家による鑑別書があると、売却額が高くなる傾向があります。
軟玉の場合は人工的に作られたものも多いので、経験に基づく鑑識眼が重要です。
自分で本物かどうかの見分け方を習得するのも1つの方法ですが、鑑別書が付いていれば本物であることを容易に証明できます。
また真贋の見分け方の他にも翡翠の魅力やカルセドニー、サーペンティンとの違いなどに関する知識があると効率的に売却できるようになります。

翡翠の工芸品の買取で人気のあるものはどういったものか

翡翠の工芸品の買取で人気のあるものはどういったものか 翡翠をイメージしたとき、半透明で緑色をしたものが一般的に人気のものですが、他にいろいろな色が存在します。
それは黒や赤や白、黄色、橙色などです。
大昔から中国では宝石を玉と呼ぶ習慣がありました。
そして、大昔から工芸品や装飾品に使用されていて他にも武器などの素材として使用されていました。
その中でも翡翠が好んで使われていたので翡翠イコール玉という認識も広まりました。
翡翠は硬さによって軟玉と硬玉の二種類に分類されていて、装飾品は主に硬玉がつかわれています。
その中でも高額で買取されるものは老杭といわれるもので、これはびっくりするほど透明度が高く一般的なものよりも鮮やかな緑色をしています。
翡翠の鑑定はとても高度な技術を必要とし、軟玉と硬玉を見分けることも難しいため科学的に検証してくれる専門機関に依頼することが一般的です。
そして、鑑定ポイントはトリートメントといわれるの状態で決まります。
このトリートメントとはこれに対してどのような処理をしたのかをABCで鑑定して記述したものです。
同じものでも処理の仕方で買取金額が大幅に変わります。
おみやげとして購入する場合、日本国内なら富山が有名で海外ではミャンマーが有名です。
おみやげにするなら工芸品のものを選ぶほうが無難です。

翡翠関連情報

翡翠 買取 東京